まちゼミ 君津市 


久留里 まちゼミ 
 まちゼミとは、町の商店が自店のノウハウを人々に教え伝える講習会です

    ビッグスポーツのまちゼミ

テーマは「普段の生活に役立つ運動」
講師:ビッグスポーツ代表取締役 大山泰弘。受講料は無料。随時受付
0439-55-7712
     苦しかったトレーニングが楽しくなる

 
使用器具:バランスボール・ボードなど    効果:転倒予防、バランス感覚、握力強化、癌になりにくい体力 

講師が 基本的な運動方法を伝えます。基本とは100人中51人以上が良いとされる運動です。
しかし基本以外でも良い運動があると思います。皆さんと討論してそれぞれの受講者にあった運動を考えたいと思います。

例えば、転倒予防ですが、片足で立つ運動があります。なかには、片足を前に伸ばして、膝を曲げてする方がいました。
これはピストルスクワットと言います。これはすごいです。私にはできませんでした。
このような方法もOKです。 


受講者の声 
1. とても楽しく日常の大切さを学べました。 
2. 運動は苦手ですが、この講座を受講して気楽に運動を続けられそうな前向きな気持ちになれましたありがとうございました。 
3. 実践したら腰痛が直りました。.
4. これからのはげみになりました。
5. とても参考になりました。帰宅してから実践します。「講座について、これからも楽しみにしています。
6. くわしく話を頂きよかったです。
7. とても良いはなしでした。
8. いろいろな器具を使わせて頂いて良かったです。


たとえばボルダリングは努力次第で出来るようになります。 
スケートボード     
 
 鉄棒・ベンチプレス
ピンチ 強化器具 
 懸垂器具  


すや茶舗のまちゼミ  日本茶の美味しいたのしみ方をおおしえ致します
受講料は無料。随時受付0439-27-3156 教室は店舗内
講師:佐治待子
君津市久留里市場173

お茶はひと手間加えるだけで美味しくなります
受講時間は50分 
すや茶舗さんは久留里商店街の中央に位置します。店舗はいつもきれいになっていて、入店すると心安らぐお茶の雰囲気がただよいます。
買い物して家でお茶を飲んで、すや茶舗さんの雰囲気がただよいます。
お茶はどこで購入しても同じだと思うかもしれません。
しかしすや茶舗さんのお茶は一味も二味も違います。
なぜだろう!行くと分かります。
答は素敵な心優しい店主さんがお茶に対して親切丁寧に応対してくれます。
近江商人を思いうかべます。
お客さんが好むよりも、お客さんの為になる売り方をされています。
久留里に行ったらすや茶舗さんに寄ってはどうでしょうか。
その日も一日楽しく心がほっこりとすると思います。





伊勢源呉服店のまちゼミ 刺し子のふきん、ふくさをおおしえ致します 
  受講料は無料。(材料費のみ実費) 随時受付0439-27-2006 教室は店舗内
講師:永島貴子
君津市久留里市場160
受講時間は50分


歴史のある、城下町の呉服屋「伊勢源」さん。城下町にふさわしい服が数多く取り揃えています。
 伊勢源さんでお買い物をすると、なぜか、しとやかになります。
お店の雰囲気もあると思います。
店主と従業員さんの方のおもてなしも、心がうれしくなります。
従業員さんのお客様に対する目配りは、納得がいきます。やしいほほえみは買いたいと言う気持ちにさせてくれます。
伊勢源さんで呉服を買って久留里城に行くのもおつなものです。





 ***************************************************************************************
すや茶舗さんのまちゼミを受講するとお茶の入れ方、飲み方が素敵になります。

伊勢源呉服店さんのまちゼミを受講するとあなただけの素敵なものを作ることが出来ます。

内容構成:大山泰弘 
***************************************************************************************






大山泰弘語録

なぜトレーニングをするのか。
トレーニングは特別のものではないと思う。
皆さんが三食食事をし、夜になれば体を休め寝る。
トレーニングも生活の一部だと思う。
人間の体は動かすことにより、体力を維持できる。


表裏一体、
何もかも満たされていても不幸な事がある。
何もかもなくても心は満たされることがある。


動脈硬化予防法
食生活の乱れ、喫煙、飲酒、ストレス、睡眠不足、を解消して規則正しい生活を送る事が出来れば自ずと、
コレステロールの数値も安定してきて予防が出来ます。さらにステップ台などを使い運動をするとよいです。

ストレスは受け入れるのではなく、離れる事が重要です。
離れる方法としては、1.良き友人と会話をする。2.町を散歩する。.3.趣味に没頭する。買い物をする。
これでストレスは完了です。

ステップ台


握力が弱い人は認知症を発症するリスクが2倍になると言われています。
男性は26㎏以下、女性で18㎏以下です。
ほかにも死亡リスクも高まると言われています。
握力はしっかりと鍛えておいた方が良いかも知れません。

私は握力器具で鍛えています。各器具を左100、右100、を一セットしています。




体がリズミカルになるには、私はベンチャーズの曲でエアーギターをしています。実際には弾いていませんが、リズムを楽しんでいます。
学生時代はフォークソンググループにいました。大きな動作、アクションをして弾いている感がすきです。
皆さんが知っている「ゴールデンボンバーズ」も実際に弾いていませんね。

指導者は押し付けたり、時にはお前の為に言っているんじゃないかと言う事をいう人もいます。
その指導は戦後のころはそれが通用していました。誰のために指導をしているのか分からないときがあります。
指導する側は指導される側の事をよく理解してすることが大切です。その為には討論が必要です。

私は毎日ではありませんが、ウオーキングをしています。競歩ほどではありませんが、スピードをあげて歩きます。
歩いているときは、車がきたり、木の枝が垂れ下がっていたり、デコボコ道(トレイル)になったりしています。
健康維持のためにしているので、アクシデントになっては困ります。
垂れ下がっている木の時は瞬時に顔の前に手を出したり、体を曲げたりして防いでいます。
高校、大学の時に暇を見つけて、少林寺拳法の道場に行っていました。それが役にたっています。
ほかには前だけでなく、ときどき、右左を顔を動かして、自分の周りでなにが起きるかを、チェックしながら歩いています。
これは長いことサッカーをしていたので身についています。このような動作が出来るからウオーキングは止められません。


トレイル専用ランニングシューズ

年令が高くなるにつれて、若いときのような瞬発力がなくなります。いくら筋トレをしてもなかなかできません。
ではどうしたら瞬発力を付けられるかと言いますと、普段から意識して動くことです。
トレーニングとしては、縄跳び、ジャンプスクワットなどがあります。
私はボルダリングをしているときは意識的に、次のホールドに行くときは、飛ぶようにしています。
瞬発力:瞬間的に作動する筋肉の力。瞬間的に発揮できる手足のばねの力。

運動をしていてモチベーションをどうやってあげるか。人それぞれの考えでしていると思います。
私はTPOによってつかい分けています。
ベンチャーズの音楽を聞いたり、クロスフィットのユーチュウーブを見たり、エアーギターをしたり、トレーニングと
トレーニングのあいだで横になって休んだり、上半身裸になって、筋肉の状況を見たりしています。
モチベーションがきれた時はやめる事にしています。 
トレーニングにスケードボード、リップスティック、サーフスティック、ドリフトスティック、
ボールを取り入れているかと言いますと、体幹に対して復元力がまします。
つまずきなどの時に、復元力は倒れそうになっても、倒れにくくなります。肩こりの原因は長い時間同じ動作をしていると起こりやすい。
同じ動作をしていることにより、血流が悪くなる。
血流をよくするためには、30分くらい椅子に座っているときは、一度立って少し歩くと良いです。
肩こりの症状がでたら、軽い体操をするとすっきりします。

腕立て伏せは単調であきがくる。続けるためにはどうしたらよいか。いろいろなポジションで出来れば飽きがこない。
腕立て伏せは、片手腕立て伏せと両腕腕立て伏せをおこなっています。およそ両方で600回くらいです。
スクワットはかなりきつい運動です。どうしたら楽にできるようになるか。モモに負荷をかける運動をすると楽にできるようになります。
私はバーベルでデッドリフトをしています。

器具を使うときは片手、片足で行うようにしています。それをすることにより、両手でするとかなりのパワーで出来ます。
運動するとスタイルが良くなりますと言うスイッチがあったら、スイッチを押しますか。運動?と考えて押さないかもしれません。
では、運動しないと、歩けなくなりますと言われたら、スイッチを押しますか。私なら迷わず押します。
時にはこのような方法で自分にプレッシャーをかけるのはどうでしょうか。

体の身軽さはバランス感覚が必要です。身軽さを磨くと転倒は避けられます。
そのような感覚になるには、スケートボード、サーフスティック、リップスティック、
ドリフトスティック、バランスボードに乗ると身軽な動きが出来るようになります。

 昭和の初期に働かざる者食うべからず という言葉がありました。当時は体を動かしていれば仕事しているように思われました。
動かしているから、糖尿病、肥満の人が少なく感じました。仕事についていない若者は、食べるために親の手伝いをしていました。
現代はどうか、
親は仕事をして、子供に気を遣って、時には子供の言うなりになっていることがあります。
親の手伝いをしていると他人から偉いと褒められます。昭和の初期は当たり前のことで、褒められることはありませんでした。
やはり体を動かして、苦労をして初めて人との交流がうまくいくのでないかと思います。
体も運動をして病気にならないように心がけると良いと思います。 苦労は体の宝です。

クロスフィットは定義がありません。自分で考えた運動をすることがベストになります。だからクロスフィットは楽しく出来ます。

頑張れるエネルギーとは何か。人それぞれ違いがあると思います。何かを成し遂げた人は、それを思い出して、それがエネルギーになります。

姿勢が良くなりたい人に。姿勢が良くなると、体の内面も改善されます。便秘症の人は改善されます。
歩き方も背筋がピンとして疲れにくくなります。
ピンとするだけでなく、体全体で歩くようになります。ではどうしたら姿勢が良くなるか。いろいろな運動方法があります。
スクワット、バランスボールなどもあります。私がすすめるのはバランスボールです。
バランスボールを長時間座ることにより、自然に姿勢がよくなります。
椅子として使用する場合、自分の体型にあわせて空気圧を入れる事が絶対条件になります。

シニアーが心配することは、医療費と介護費です。貯蓄がないと老後が不安です。健康であれば、医療費も介護費も発生しない。

筋トレをして、何よりもうれしいことは、体が疲れにくくなることです。食事も美味しく、姿勢が良くなり、歩くのも自然と速くなります。

人はいつまで働くのか、と疑問をもつ人がいると思います。先日農家の人とお話をしました。
その人は病気にならない限り、一生涯現役だそうです。なるほど、納得でした。

なぜあなたは前に進まないのですか。自信がないからです。困難な道を経験していないからです。ではどうしたら前に進むことができますか。
それは一歩下がってから前を見てください。そこに進む回答があります。

私も、あなたも糖尿病になるかもしれない。過度のお酒、暴飲暴食、喫煙によって起こりうると考えられます。予防方法は運動です。

運動が嫌になってしまうことがありませんか。
原因の一つは、クロスフィット(日常生活に役立つ筋肉を鍛えていく)で苦手な種目をやらない事です。
好きな種目をすれば、クロスフィットが好きになります。日常生活で嫌な事はしませんよね。それと同じです。
みなさんは運動?苦手な種目を思い出すからやりたくないのです。好きだったまたは好きになった運動を一度リセットしてください。
リセットしてからもう一度考えてください。きっと良いアイデアが生まれるはずです。
人間の本来の姿は歩き回ったり、走ったり、動くことが好きなはずです。
運動は脳の働きで動きます。しない原因があるはずです。過去をさかのぼると、見えてくるものがあります。
体育の先生の教え方が嫌だっから、部活の仲間が嫌いだったから、そのほかいろいろとあると思います。
でもクロスフィットするにはすべての嫌な過去をリセットしてください。新たなスタートで素敵になる自分をつくってください。
仕事をしているときに、好きな仕事と嫌いな仕事があります。嫌いな仕事はあまりはかどりませんが、好きな仕事はどんどん前に進みますね。
それと同じで運動も好きな種目はどんどん進んでいきます。実はあなたは運動が嫌いではなかったのです。
好きな運動をしなかっただけなのです。

出来る事をやっていても意味がない。出来ないことをするのが挑戦である。

商売の継続方法。
好きな仕事、商売が好きである事。
付加価値と信頼。
付加価値はその商店しかできない事、お客様にどれだけサービス提供できるか。
信頼とはお客様の為になる販売。
来店客を大切にする。
店主の持っているノウハウをお客様に伝える。
店主は健康で、明るい事。
他店との競争はしない。
これが出来れば、世の中がどのように変わろうとも継続が出来る。
私はお陰様で42年続いています。
限りない勉強と健康、明るさを保つように挑戦していきます。

仕事に明け暮れしていると、次への仕事のステップがおろそかになることがある。
仕事から離れて自分の趣味に没頭するのも方法だと思います。
今の仕事がどのようになっているか、客観的にみる事が出来る。
私は現在クロスフィットをしています。
クロスフィットは健康に役立ちます。
活力のある生き生きした健康は仕事に良いアイデアをもたらします。