驚き少年サッカーチーム 
 筆者 大山泰弘 東海大学体育会サッカー部OB

BIG3コーチトレーニング方法

サッカーの魅力を伝える、良いプレーを伸ばし自主性を基本に、チームの合言仲良く

全員がレギュラー、6・5年生、4・3年生、2・1年生、5・4才、4チーム編成
監督は全体を見ている。指導者は男性、女性。
ウオーミングアップは全学年でおこなう。
練習方法は選手が決める。指導者はサポートをする。
指導者は選手に時々プレーを見せる。

1. シュート ・パスワーク・フェイント
2. コーナーキック・フリーキック ・ダッシュ
3. キーパー・スローイン

選手は3つの練習方法を毎練習ごとに変えることが出来る。

ポジションは指導者が決めるのではなく、選手が決める。
そのポジションが多いときは指導者が決める。
ポジションは固定しない。いろいろなポジションを経験させる。

ボールをキープしている状態で、相手の選手にショルダーアタックをさせて、ボールのキープ力を出来るようにする。

ペナルティーエリア内では余計な動きをしないで、ボールもらう体制を維持する。

フリーキックの練習は楽しさをおしえる。

ヘッディング練習は個人でおこなう。選手の自習性に任せる。
プレーの練習時間は1時間。そのほかの時間はアップとミーティング
試合は良いプレーを重要し、指導者は選手に伝える。
練習終了後は各チームで15分程度、選手だけでミーティングを行う。指導者はサポート。

子供の減少と共に、チームの存続は難しい。
チームに入団してもらうには、いろいろな方法があるが、入団部をつくり、積極的におこなう。
方法はポスター、知り合いを手掛かりに誘う、常時入団可能にする、サッカーに興味があればどんな子供でも入団可能にする。

一人ひとりの選手のメンタルをサポートする部門をつくる。
特に指導者又はサッカー経験者でなくても良い。


取材に基づいて執筆 

チームC
. 全くサッカーを知らないコーチがいる。なぜか選手は伸び伸びプレーをしている。レベルもあがっている。
コーチは選手をほめてそのプレーどうやってできたのと聞いている。
サッカーを知らないコーチでも小学生には通用している。

2. 練習を見ていると、たまにコーチーの顔を見る選手がいる。はじめはコーチの顔色をうかがっているのかと思った。
その顔色をうかがっている選手は、コーチが集まってと言ったら真っ先にコーチの元へ。
それで分かった事は自分のプレーをコーチが見ていてくれるのが楽しみだったことが分かった。

3. 練習中なのに練習から突如駆け出して行った。コーチもその子を見ているだけで何も言わない。
このチームは子供に任せていることが分かった。また走って帰ってきた。
時間を空けてコーチに聞いてみた。子供たちの自習性に任しているのだと。
その子はどうやらトイレに行ったようだ。コーチは自習性を伸ばして子供が何をしているのか把握していた。

4. 試合中に止まって両手を後ろに回した選手がいる。
コーチは交代選手に告げた。出るぞ!コーチは審判に交代をつげた。
選手が戻ってきて、コーチはどうしたと聞いていた。これも選手ファーストなのかも知れない。

5. ミーティングを見ているとコーチより選手が選手と話している事が多い。
選手が困った時にコーチが話をしている。

チームA
1: お母さん方が練習で選手の為にサポートしている。サッカーコーンを並べたり、ボール拾いに奮闘している。 

チームR